スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • NEWS >
  • 最近読んだ記事の一部:その7

最近読んだ記事の一部:その7

・龍谷大学 理工学部:小島 肇
汚染水

・ダイヤモンドオンライン
日本が「海洋汚染テロ国家」になる日
放射能汚染水の海洋投棄に向けられる世界の厳しい視線

言わない、触れない、見ない事にして垂れ流して、事後謝罪する気満々だったのか東電???

・フランスIRSN
海洋汚染シミュレーション結果
http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Pages/20110404_Accident-fukushima_impact-rejets-radioactifs-milieu-marin.aspx

http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN-NI-Impact-accident-Fukushima-sur-milieu-marin_04042011.pdf


・BGILOBEニュース
日本気象学会理事長コメントから見る「放射性物質の拡散予測が出てこない理由」
日本気象学会を検索していて発見!またしても鉄壁の身内擁護ですか?何処からお金もらってるんですか?

・山内正敏(スウェーデン国立スペース物理研究所)の個人見解
放射能漏れに対する個人対策(第3版)
上記文章に記載されていた放射性物質の空中拡散シミュレーションを行っている機関
・ノルーウェー気象研究所(http://transport.nilu.no/products/fukushima)の Dr. Andreas Stohl(大気汚染シミュレーションの専門家)
・オーストリアの気象庁(http://www.zamg.ac.at/aktuell/)
・ドイツ気象庁(http://www.dwd.de/)
・フランス放射線防護原子力安全研究所(http://www.irsn.fr/EN/Pages/home.aspx)


数ヶ月も経たない内に、北半球全域から福島の放射能物質が検出されたと避難されるのだろうか???悲しいよ。


・ダイヤモンドオンライン
放射能汚染を巡る日本人の誤解と政府の説明責任
チェルノブイリの惨状を知る被曝治療の権威ロバート・ゲイル博士に聞く

避難地域外の成人への現状レベルでの放射能物質による健康被害は、今の所、気にもならない程度の許容範囲内?って事なのでしょうかね???
既に、日本の馴れ合い機関が発表する報告は信用できないので、海外の専門機関の報告を探します。


・GIGAZINE
日本を救うために全世界へ寄付金を呼びかけるムービー「Rise Again, Japan! 日本語字幕付き」
有りがちな造りだが美しい!!

・ITmedia
被災者はワイドショーの素材ではない――報道被害の声を紹介する



スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

放射能汚染から子供を守ろう

放射能汚染から子供を守ろう

ブログ内検索

ハナサケ!ニッポン

ハナサケニッポン

LINK

ナチュラム新着


ナチュラム ロッド

ナチュラム ロッド

ナチュラム リール

ナチュラムサーチ

プロフィール

KazefukuFutan

Author:KazefukuFutan
ハンドルネーム:トビー
tobee、風の丘ふたん、
風タン、風ちゃん
などなど...
MMOは引退しますた!
テケトウに更新してみます。

FC2カウンター

現在閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

フィッシングラボ潮汐表

ウェザーニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。